岡山」カテゴリーアーカイブ

残暑お見舞いのギフトはいつ?

残暑お見舞いのギフト時期は8月8日~8月31日までに贈るのが通常です。本来はお互いの状況を確認し合う意味も含めて、手土産を持って家を訪問するのが普通でした。現在は通信販売を利用する方が多く、コロナの影響により実際に訪問する方は少なくなりました。

残暑お見舞いは何を贈る?相場は?

特には決まりはありませんが、まだまだ暑い時期ですから冷たい飲み物や食べ物のギフトが喜ばれます。

  • ビール
  • ジュース
  • ゼリー
  • そうめん
  • アイスクリームなど

相場は大体3000円~5000円の物が妥当な金額です。お中元やお歳暮より高価なものは贈らいないことが望ましいです。

残暑お見舞いにおススメの相場3000円~のギフト5選

第一位

8月はまだまだ暑いです。そんな中のアイスクリームのギフトは老若男女問わず大変喜ばれます。

第二位

愛媛宇和島から。ひんやりおいしいこだわりのスムージーギフト。夏に最適の贈り物です。

第三位

熱い季節の熱中症対策にも。ビタミンC豊富。みかんジュースとみかんまるごと3個も入ったゼリーのセット。夏ギフトに喜ばれます。

第四位

お中元でも人気のきれいな三輪そうめん。暑い季節にはひんやり冷たい素麺がおいしい。

第五位

本場長崎、カステラの名店「須崎屋」がつくった五三焼プリン。口の中にとろける食感と味わいはまさに極上のひととき。

2021年の敬老の日はいつ?何を贈る?のしは?

2021年の敬老の日は9月20日(月)です。敬老の日は毎年9月第三月曜日になっています。

敬老の日は何を贈る?

特に決まりはありませんが、現代は健康志向な方が多く、敬老の日に該当される方のほとんどは60代以上です。それを踏まえて贈るならやっぱりお茶のギフト。

お茶は体に良く、60代以上の方は毎日好んで飲まれている方が多くいらっしゃいます。

お茶と言ってももちろんペットボトルのお茶じゃなく、茶葉がおススメ。

脂っこい贈り物や加工品など体に悪そうな贈り物は贈らない方が愛があるかもしれません。健康的な贈り物を贈るだけで体に気を付けてほしいという気持ちが伝わります。

敬老の日ギフトののしは?

敬老の日ギフトにのしをつけるなら紅白の蝶結び。表書きは「敬老の日」が多いです。結び切りののしで贈らないように気を付けましょう。結び切りは一度結んだらほどけないので一度きりであってほしい場合の贈り物に使います。敬老の日は御祝ですから、何度でも訪れて良い日です。なので何度結んでも大丈夫、蝶結びののしをつけましょう。

敬老の日におススメのギフト5選

ティーエットのお茶ギフト。飲みやすいティーバッグ、ドリップ、粉タイプ。急須で淹れたようなお茶。鹿児島の志布志市のお茶

熊本特産のヘルシー馬刺し上赤身。熊本の牧場から直送!高級料亭で食べるような馬刺しがご自宅で楽しめます。

長崎特産品、名店須崎屋がつくるカステラ金粉付き。しっとりと柔らかく鳥骨鶏卵の球がの風味が口いっぱいに広がります。

雑穀でつくった健康うどん。あっさりもっちもち。のどごしもよく熱いうどんにも冷やしうどんにもばっちり合います。

今人気のクラフトビール。普通のビールよりもフルーティーでとても飲みやすく味わい深いビールです。

人気のうどんギフト【美人うどん】雑穀使用で体の中から美しくなれる。

おしゃれで人気のうどんギフト、美人うどんとは?

岡山県の南西部、備中地方と言われる笠岡市の小山製麺で製造。

この地方は昔から麺の製造が多いところで手延べそうめんの産地としても有名。

笠岡市は瀬戸内海があるのどかな場所。そこでおしゃれで人気のうどんギフト、

美人うどんは製造されています。

小山製麺は創業70年以上の老舗製麺屋。

先代から代々受け継いできた素材を生かす製法で何より食感を大切にしてきたうどん。

昭和20年創業から原材料を厳しく選び、素材の特徴を活かして麺を作っています。

ゆっくりと時間をかけて乾燥させた麺はきめ細やかで、ツルツルっとした口当たり、

弾力のあるコシを生み出します。雑穀にも風味や食感、色といった特徴があります。

おしゃれで人気のうどんギフト、美人うどんは様々な色と食感、香りを楽しめるように

仕上げてあります。

こだわりの伝統製法

練り→雑穀を使用したうどんを製造するときにもっとも難しいのが小麦粉との比率です。経験に経験を重ねて、雑穀粉と数種類の小麦粉との混合を数%まで突き詰めて、ようやく雑穀の特徴を最大限に引き出す美人うどんが出来上がりました。添加物を使えばすぐに製麺可能ですが、創業から無添加の製法にこだわっています。

門干し→先祖代々受け継がれた麺づくりは気温と天候によって微妙な調整が必須となります。毎日天候も気温も変動するため、来る日も来る日も麺の仕上がりの具合を確認しています。これが長い間、培ってきた熟練の技術が必須となります。日々変わっていく状況であっても、丹精込めて品質の管理を行っています。

本乾燥→乾麺の製造でもっとも難しいといわれているのが本乾燥です。美人うどんは通常の乾麺の3倍から4倍の時間をかけています。時間をかけて乾燥させることで麺の中の水分がいきなり出ていくのを防ぐ為、小さな水泡になります。これにより麺の表面がザラザラせず、とても細かくなり食べたときにツルっとした食感になります。

原材料→小麦粉はふっくらした食感を生み出すために数種類の粉をブレンド、水はミネラルを多く含んだ天然水を使用、塩は瀬戸内海の天然海水からとれた塩を使用しています。

雑穀について

黒米 黒いうどん麺に仕上がります。とてもインパクトが強く食卓に目立ちます。餅米なのでもちもちとした食感と口あたりツルツルでのど越しもスルっと通ります。

もち麦 そばに近い色、食感はもちもち。麦の香りが強くパスタとの相性も抜群。

黍(きび) もち性の黍を使用。黍独特の卵に近い香りが特徴。ごま油との相性がよく中華でも合います。

赤米 食卓が明るくなります。食感はもちもち、お米の香りも楽しめる。パスタでも相性はよく高級レストランでも使用

玄米 クセがなくどんな料理にも合います。美人うどんの赤米と混ぜ合われば紅白うどんになります。お祝いなどでも利用されます。

色合いおしゃれなうどんギフト、美人うどんならいろんな料理で楽しめる。

女性にもギフトでも人気のおしゃれなうどんギフト、美人うどんはこちら購入できます。→うどんギフトセット