奈良」カテゴリーアーカイブ

残暑お見舞いのギフトはいつ?

残暑お見舞いのギフト時期は8月8日~8月31日までに贈るのが通常です。本来はお互いの状況を確認し合う意味も含めて、手土産を持って家を訪問するのが普通でした。現在は通信販売を利用する方が多く、コロナの影響により実際に訪問する方は少なくなりました。

残暑お見舞いは何を贈る?相場は?

特には決まりはありませんが、まだまだ暑い時期ですから冷たい飲み物や食べ物のギフトが喜ばれます。

  • ビール
  • ジュース
  • ゼリー
  • そうめん
  • アイスクリームなど

相場は大体3000円~5000円の物が妥当な金額です。お中元やお歳暮より高価なものは贈らいないことが望ましいです。

残暑お見舞いにおススメの相場3000円~のギフト5選

第一位

8月はまだまだ暑いです。そんな中のアイスクリームのギフトは老若男女問わず大変喜ばれます。

第二位

愛媛宇和島から。ひんやりおいしいこだわりのスムージーギフト。夏に最適の贈り物です。

第三位

熱い季節の熱中症対策にも。ビタミンC豊富。みかんジュースとみかんまるごと3個も入ったゼリーのセット。夏ギフトに喜ばれます。

第四位

お中元でも人気のきれいな三輪そうめん。暑い季節にはひんやり冷たい素麺がおいしい。

第五位

本場長崎、カステラの名店「須崎屋」がつくった五三焼プリン。口の中にとろける食感と味わいはまさに極上のひととき。

今年もお中元ギフトに三輪そうめんが人気

そうめんの最高級ブランド三輪そうめんが今年もお中元ギフトで人気。

明治38年創業の三輪そうめん小西がこだわって作った伝統のそうめん。百年以上変わらない伝統の製法で作り続けています。

初代から変わらぬ製法。継承し続ける伝統の味。

創業100年を超える伝統ある三輪そうめん小西のそうめん作りは初代から受け継がれてきた伝統の製法は今も変わりません。麺匠の卓越した技術とノウハウに培われた独自の「手延べそうめん」は本物志向の超高級素麺として皆様に高い支持を得ています。

選び抜かれたこだわりの素材。本物を追求する精神。大三輪山の麓の水を使用し、麺匠が選び抜いた厳選された粉。いくら代々受け継がれてきた伝統の製法といっても素材が良くなければ本当に美味しいそうめんは出来ません。三輪そうめん小西では本物のそうめんを味わっていただくために、素材にも徹底したこだわりを追求しています。

「安心・安全」な品質を守る清潔な工場とシステム。「安心・安全」な品質であるからこそ美味しいという理念を持ち、最新設備を備えた清潔な工場とシステムを確立させています。世間では食の問題が色々と取りざたされる中、お客様第一の精神で、安全と安心、そして本物の味を追求するという姿勢を崩す事はありません。

参照元:http://miwasoumenkonishi.co.jp/

三輪そうめんはこちらから購入できます → お中元ギフトに人気の三輪そうめん

三輪そうめんの食べ方

こだわって作られた三輪そうめんならいろんなレシピで楽しめます。シンプルにつゆで食べるのはもちろん様々な味付けに合います。ぜひお試しください。

お中元に人気のおしゃれなそうめんギフト。【三輪そうめん】

三輪そうめんギフト

明治38年創業の老舗、三輪そうめん小西が贈るお中元や夏ギフトに人気の三輪そうめんギフト。伝統の味をそのままにおしゃれに仕上がっています。

綺麗な色どりで食卓が明るくなります。

この三輪そうめんの原料にはトマトやかぼちゃ、オクラの夏野菜をつかっているからとってもヘルシー。

素麺発祥の地

そうめん発祥の地と言われている三輪そうめん。言い伝えでは大和三輪で紀元前91年、

大物主命の五世の孫である太田子根子命が大神神社の朝臣狭井久佐の次男穀主が創めて作ったとされています。名前の難しさが大昔からあるのを物語っていますね。

初代から変わらぬ製法と伝え続ける伝統。

創業から100年以上、伝統ある三輪そうめん小西のそうめん製造は先代から受け継いできた製法は昔と変わらない。巧みな技と知識で作られる手延べそうめんは高級な素麺として全国の皆さんに選ばれています。

こだわりの素材、本物を求める精神。

匠が選んだ厳選された粉、昔から受け継がれてきた伝統の製法でつくっても素材がだめなら意味がありません。三輪そうめん小西は本物のそうめんを作る為、素材にも徹底的にこだわっています。

三輪そうめんのおいしい食べ方

様々な贈り物に喜ばれます。

お中元、お祝い、誕生日、母の日、父の日、母の日など様々なギフトに喜ばれています。

三輪そうめん小西の三輪そうめんはこちらから購入できます→おしゃれで人気の三輪そうめんギフト